本文へスキップ
ホーム ニュース 情報コースとは 地域とともに課題に挑む 各班の取組 今までの取組 学校ホームページへ

情報コースとは

コース情報
コース概要
コース名 情報コース ※2019年度より地域情報コースに変更
学ぶ科目 2年次 ビジネス情報 プログラミング
3年次 電子商取引 ビジネス情報管理 プログラミングU 
取得に挑戦できる検定・資格 全国商業高等学校協会主催情報処理検定1級(ビジネス情報部門)、全国商業高等学校協会主催情報処理検定1級(プログラミング部門)、全国商業高等学校協会主催情報処理検定2級(ビジネス情報部門)、全国商業高等学校協会主催情報処理検定2級(プログラミング部門)
学んだ内容を活かした就職先、進学実績 正和情報サービス(プログラマー)2017年1名2018年1名
コース選択について 1年次にプログラミングの体験授業を受けてもらい、自らの興味関心や進路に応じて選択することができます。
地域情報コースについて
2019年より、情報コースは地域情報コースに変わります。
地域情報コース概要
系統別 地域系と情報系に分かれて学びます
共通して学ぶ科目 マーケティング(2年次)ビジネス情報(2年次)
ビジネス情報管理(3年次)課題研究(3年次)総合実践(3年次)
地域系で学ぶ科目 △情報活用(2年次選択)※△は他教科2科目含めいずれか1科目選択
財務会計T(2年次)
オフィススキル(3年次)
◇商品開発(3年次C選択)◇ビジネス経済(3年次C選択)
◇経済活動と法(3年次C選択)※◇は他教科1科目含めいずれか1科目選択
情報系で学ぶ科目 プログラミング(2年次)
電子商取引(3年次)ビジネス情報管理(3年次)
プログラミングU(3年次)
FAQ
よくあるご質問

Q. 地域情報コースの目標は何ですか?

A. 1年生で学習した情報処理、ビジネス基礎に続き、ビジネス情報分野を中心に学習します。 基本的な技術や知識として、ビジネス用アプリケーションソフトの活用方法(情報の集計と分  析、ビジネス文書の作成、プレゼンテーションソフトの活用と効果的なプレゼンテーション)に  ついて、実践的・体験的に学習します。また、インターネットなどで得られる情報の活用方法や 情報モラルについての知識を深めます。情報システム分野では、システム開発に必要なプロ グラミングについて、アルゴリズムとプログラミング言語の基本的な知識と技術を学習します。
 学習内容を活かし、企業活動における情報やソフトウェアの活用、情報通信ネットワークの運 用、地域の様々な情報を活用し、ビジネスの諸活動に活かせる能力を育成します。

Q. 地域系の求める生徒像は何ですか?

A. ビジネスの分野で必要な様々な情報を活用し、ソフトウェアやネットワークの活用を中心に、 将来地域産業界(保育・教育・保健・医療・福祉分野等)で活躍できる生徒を求めます。

Q. 地域系の目指す進路は何ですか?
A. 将来地域の産業界で活躍するために、保育・教育分野、スポーツ・芸術分野、医療関係等の大学や専門学校への進学、あるいは幅広い地域企業への就職を目指します。 

Q.情報系の求める生徒像は何ですか?

A.将来の高度IT人材を目指し、国家試験(ITパスポート試験、基本情報技術者)にチャレンジ  できる、プログラミングの基本的な知識や技術を身に付けたい生徒を求めます。

Q. 情報系の目指す進路は何ですか?
A.情報処理検定1級やITパスポート試験を活かし、主に情報系の大学への進学、あるいはシステム開発等の就職を目指します。

Q:会計コースと進路に有利不利はありますか?

A:コースや系列の選択に有利不利はありません 。自らの進路や興味関心に応じて選択してください。